こんな時こそクラビット|まさかのクラミジアも難なく解決

クラミジアとその対処

国内でもっとも多い感染率の高い性感染症(STD)は何だと思いますか?
その答えは、「クラミジア症」です。
原因はトラコマティス菌という、もともとは結膜炎の原因菌となっていた細菌によって感染します。
ちなみに国内での感染者数は100万人を超えると言われ、特に10代や20代の若い女性の感染が目立って多いとされています。
このクラミジアは特徴としては、
・自覚症状が少ない(男性50%・女性80%)
・性器以外にもノドに感染(咽頭炎や扁桃炎)
・産道感染する恐れも
・男女ともに不妊症の原因
・HIV(エイズ)に感染する確率が約5倍にまで跳ね上がる(他の性病への感染率も飛躍的に高まる)
とされ、初期の段階で治療することができれば薬のみの短期間での治療となりますが、無自覚のまま放置してしまうと悪化させたり、他者へ感染を拡大させてしまう事にもなります。
少しでも性器やノドに異変を感じるのであれば、スグに病院へ行くがオススメです。
【治療薬クラビット】
クラビットとは、レボフロキサシンを成分として抗生物質になります。
成分レボフロキサシンは250mgと500mgの2種類の用量規格をもっています。
症状の度合いやクラミジア以外の細菌やウィルスの感染にも有効となるので、服用量や回数が異なるので医師の指示を守るようにしてください。
レボフロキサシンは、トラコマティス菌の細胞内に取り込まれることで細菌のDNAが複製されてしまうことを防ぐことが出来るので、細菌が体内で増殖する事を抑えてくれます。
また、抗菌力が強いとされているので少ない回数の服用で治療することができます。
クラビットの副作用には、
・皮膚症状
・胃腸症状
があり、胃腸の場合には下痢になることがありますが、長く続かない限りは問題はありません。
一方の皮膚症状は、"光線過敏症"といって日光に肌があたると、
・発赤
・水ぶくれ
などが現れることがあるので、服用中は露出を控えた服装で外出することがオススメです。